パーソナリティ障害は、その方の人格に偏りや異常がある事から、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は難しくてあると以前は考えられていたのですよ。でも、現在では、時間を掛けて治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行えね解消するケースが多いということが判って来ていらっしゃるのではないでしょうか。それでは、パーソナリティ障害(DSMによる分類では、10種類のタイプをクラスタA・B・Cの3つにカテゴリ分けしています)の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)には、一体どういった方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があるんでしょうか。パーソナリティ障害(ICDによる分類では、大まかに10種類に分けられます)にも色々なタイプが存在していて、その治療方法もそれぞれ異なってきます。共つうじて言える事は、パーソナリティ障害を発症している人は、自分の行動に対して自覚はあっても、その事に対しての問題意識は持っていないケースが殆どのようです。つまり、治療の第一歩として、本人にその思考や行動が周囲に迷惑を掛けている事を自覚させる必要がありますね。その為、殆どの場合治療法として、心理療法(様々なやり方があり、患者の性格や症状によっても向き不向きがあるといわれています)を用いるものです。家族や周囲の人達がその行動により、どれくらい不快に感じるのかを繰り返し本人に指摘したり、行動を制限したりして認識させるようにしてください。また、部分的な症状については、薬での治療が有効な可能性もあると言えます。ただ、これは症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を緩和させるだけで限られた効果しか期待できず、薬物に依存してしまったりするケースも多いため、要注意でしょう。産まれた時から成長するにつれて人格が形成されていくように、偏りや異常がある人格を治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)するには数年単位という、かなりの時間を要する事は必至です。けれど、気長に治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を継続していく事で性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)の偏りも少しずつ修正され、段々と落ち着いてくるようになるでしょうー